2019年7月8日

今までで一番惚れた人

先輩の紹介で彼と出会いました。「仕事終わりにバスケをやっているから遊びにおいでよ。」と、言われて、最初は社交辞令かなって思って誘われたしいってみようと思って、バスケを見に行きました。バスケをやっている彼は、とてもかっこよくて、輝いて見えました。

身長が高くないから、不利だろうなー何て思って見ていたら、スピードや、シュートが凄く決まっていてかっこよくて、彼の意外性に惚れました。彼は、チームメイトにもとても認められている人でした。休みの日も、試合をしたり、本当にバスケが好きなんだなって思いました。シングルマザーの婚活ナビ | シンママ向けの出会いの場で結婚しよう!

彼とのメールのやり取りも、私な対してとても切実に向き合ってくれて、最初は敬語から始まって、電話をしたり、毎日がとても楽しかった。彼を知れば知るほど、嫌いになると頃なんかなくて、彼にどんどんのめり込んでいく私がいました。彼の優しさに触れると、もっと私を見てほしいと思うようになりました。

仕事で忙しいのに、連絡をくれる彼が本当に好きで、この人の彼女になりたいと言う気持ちが兎に角強くて、彼とお付き合いできたときは、涙が出るほど嬉しかったです。

私の目から涙が出たときなんて、慌ててハンカチを渡してくれて、ずっと心配してくれて付き合いはじめてからも彼は私を大切に扱ってくれます。そんな彼に何年たってもぞっこんです。