2019年5月26日

育休中の新しい趣味の話

今、一人息子の育児真っ盛りです。1歳を過ぎましたが保育所待機問題に見ごとに引っ掛かり、認可の保育所には入れず育休延長中です。出来ることが日に日に増え、可愛い表情を見せてくれる息子と時間を共に過ごせることは貴重なことです。保育所に入れないのは困りますがこれは神様がくれた貴重な時間だと思うことにしました。

日々、育児に追われあっという間に過ぎる時間。ふとした瞬間に、職場の同僚は今この時も仕事でがんばっているんだな、とか、この時期は新入社員が入社してきてるだろうな、という、ちょっと焦りというか、置いて行かれてる感、のようなものを覚えるようになりました。

自分は育児という大事な使命を担っているんだ、と自分に言い聞かせても、一日をなんとなく過ごしてしまった、時間を有効に使えなかった、というむなしさにも似た気分を味わうことが多く、いかん。このままではストレスで子供にも悪影響を与えかねない。と思った私は新しい趣味を探すことにしました。

自分には何が出来るだろう?自分探しにも似たこの趣味探しはなかなかワクワクするものでした。自分に足りなかったものは刺激なんだな、とこの時気付きました。

手先を動かす細かい作業が好きな私は、手芸、工芸、などの検索からスタートし、「デコパージュ」という今まで知らなかった趣味に出会うことが出来ました。早速近くの教室に通い始め、数か月で講師の認定も頂きました。素敵な先生や生徒さんとのつながりも出来、生活に張りと輝きが取り戻せたような気がします。育児の合間を見て作業することも増え、時間の使い方も以前よりうまくなってきた気がします。作品作りを今後も頑張って、サロン開業なども視野に、輝くお母さんを目指していきます。