2020年1月12日

自転車と食事制限ダイエット!とにかく無駄なものを減らそう大作戦!

2年程前、それまで80kgだった体重が、あれよあれよという間に、90kgになってしまいました。

おそらく原因は暴飲暴食と運動不足、そして加齢による代謝の低下だったのでしょう。

骨盤ガードルギュギュギュは効果なし?

そこで私は一念発起、ある日突然ダイエットを開始しました。

なぜなら、クローゼットに並んでいる沢山の服が着れなくなったのが悔しかったからなのです。

とにかく1日で気持ちをストイックモードに切り替えて、私のダイエットはスタートしました。

◆ダイエット方法

方法は、まず暴飲暴食をやめて必要最低限しか口にしないこと。

そして大量の汗をかいて、カロリーを消費すること、この2点に絞りました。

これなら、ジムに通う費用も、ダイエットサプリを購入する費用もかかりませんから。

◆期間

きっちり2ヶ月続けました。

◆年齢

当時、50歳でした。

◆食事のメニュー

食事は朝のヨーグルトと夕食のベーコンエッグのみで、完全に炭水化物をシャットアウトしました。

◆運動

カロリーの消費には室内でこげる自転車を使い、20分x3回を1セットとして、1日に2セット行うようにしました。

もちろんパーカーやナイロン製の上着を着こみ、大量の汗がかけるよう工夫しました。

◆見える化

ダイエット開始と同時にエクセルで体重管理の表を作成。「見える化」で進捗状況をすぐに把握できるようにしました。

◆結果

90kg→74kg (-16kg)

————————

◆感想1:暴飲暴食をやめた瞬間、カラダが軽くなる!?

まず暴飲暴食をやめて、ヨーグルトとベーコンエッグだけの食事に切り替えて2~3日後

空腹感よりも先に、カラダが軽くなったことを感じました。

暴飲暴食をやめて炭水化物をシャットアウトするだけでも、1週間で2~3kgは確実に体重を落とすことが出来るはずです。

◆感想2:カロリーを強引に消費する!?

カロリーの消費には室内でこげる自転車を使用。20分x3回を1セットとして、1日に2セット行うようにしました。

たかが20分、されど20分。たった20分自転車をこぐだけでも、最初はかなりヘロヘロになっていました。

20分こいでは5分休みを繰り返し、1日でトータル2時間の自転車こぎ。

途中、必要最低限の水分は補給しますが、それでも1日1kgの体重減は見込めます・・・ちゃんと続ければ。

◆感想3:思わぬ敵は避けられない外食

調子よく体重が落ちてきてるな~と、グラフを見ながらニヤついていると

突然やってくるのが、どうしても避けられない外食なのです。

この歳で「今、ダイエット中なので」ともなかなか言えず、心行くまで久しぶりに飲み食いを堪能し

家に帰って恐る恐る体重計に乗ってみると・・・なんと、5日くらい前の数字に戻っていたりします。

結局、誘惑を断ち切れなければ、時間の浪費とリバウンドした数値という罪悪感にさいなまれるのです。

まとめ

その後も何度かリバウンドは繰り返したものの、ダイエットを始めて2か月で16kg体重を落とすことが出来ました。

私の場合、努力がすぐに結果として現れなければ面白みを感じないタイプなので

エクセルでで体重管理の表を作成し「見える化」を行ったことがダイエット成功の一因だと思います。

ダイエットを行っていれば、必ず何度かはリバウンドしたり、数値が何日も横ばいになったりすることがあります。

しかし、そこをなんとかじっと耐えてやり過ごせば、必ずまた数値は下降し始めるのです。

今私は、入らなくなりかけていたチノパンはもちろんのこと、入らなくなってタンスで眠っていたジーンズもはけるようになりました。

努力はアナタを裏切らないと思いますよ。「そのうち・・・」ではなく「たった今から」ダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

きっとアナタの見た目だけではなく、アナタから見える世界も違って見えてくるはずです。