2019年9月24日

子育てに必要な心構えとは。

育児へのお悩みを持たれているお父さん・お母さんは多いことでしょう。

特に、第一子のお子様に関しては、神経過敏になりがちですね。

悩みの理由としては、様々な事柄が考えられます。

そんな中で、比較的多く悩まれているのが“言葉”です。

一歳前後で、ママ・パパを覚え、その後はコンピューターのごとく新しい言葉を覚えていきます。

ご家族には、楽しみのひとつで笑顔が絶えません。

しかし、三歳・四歳と歳が増えるにも関わらず、言葉の発音が不明瞭で聞き取れないことなどが多様に見られる場合があります。

「あれ、ほかの子と比べて喋られない。」、「何言っているのかわからない。」、「どこか異常なのかな。」・・・?

このような不安を抱えていませんか?

我が子のことですから、当然の心配ですよね。

セノッピーを購入した私の口コミ!森三中大島さん愛用サプリの効果は?

まず、お子さんの知能が年齢相応かを判断してください。

テレビの子供番組を見せて、その反応を観察することで判断がつくはずです。

知能に問題がなければ、もう大丈夫です。

そもそも、子供にとって発音しにくい言葉があります。

例えば、「ラ行」・「サ行」などがこれに入ります。

子供が言葉とその意味を正確に覚えるのは、6歳からと言われています。

その理由は、コミュニケーションを取れるようになるのが6歳以降からと言われているからです。

このことから、三歳・四歳ではまったく心配する必要がありません。

幼稚園・保育園や小学校になるまでは、ゆっくりした発音で会話をするように心がけてください。

最後になりますが、育児・子育てで一番気をつけなければならない事は、「神経質に考えない」と言うことです。

難しいひと言ではありますが、是非心がけるようにしてください。